エギング・アオリイカ釣りレポート > エギングという釣りの仕掛け

エギングという釣りの仕掛け

エギングという釣りの仕掛け・その1

私自身、思い起こせば川釣りや海のアジ釣りなど普通の釣りをやっている中でエギングに興味を持って今ではなんとなくエギングというものが分かりつつある状況ですが、釣り竿があって糸があって針を付けた仕掛けで魚を釣るといういわゆる普通の釣りとエギングでは用意する道具や仕掛けの作り方など異質な部分があって、これからエギングを始めようとする方にとっては多くの疑問があると思います。

自分の釣り(エギング)を省みるつもりでも、エギングの仕掛けについてまとめてみたいと思います。
アジ釣りなどでは、そこそこのシーズンであれば投げ竿であろうが磯竿であろうが、何号の糸であろうが釣りになり、海のルアーフィッシングでも、とにかく魚にエサだと思わせるルアーを海の中でひっぱってくれば、ある程度釣れる可能性のある釣りになるのですが、このエギングというアオリイカを釣る手法(フィッシングゲーム)では、ある程度必要な決まった道具が必要になります。

それはなぜかと、エサ釣りや普通のルアー釣りよりも、エギというイカを抱きつかせるルアーを海の中で大きくアクションさせる必要があるからです。

エギングで使う竿は長すぎず短すぎず8フィート(2.4m位)位のものが操作しやすくて釣り糸に関してはアオリイカがエギに抱きついた、または触った感触が手元に伝わりやすいナイロン糸よりも伸びない感度の良いPEラインという釣り糸を使います。

(竿は堤防などでは8フィート前後、砂浜でエギングをやる場合は少し長めの9フィートの方が相対的にやりやすい場合もあります)


そしてエギはこのPEラインに直接つなぐのではなく、フロロカーボンという材質の釣り糸をPEラインに繋いでからエギを結びます(これをリーダーといいます)

これはなぜかというと、エギングでは海底の岩の陰に隠れているアオリイカを狙うことが多いので
感度が良くて引っぱる力に強いけれど岩などに擦れることに弱いPEラインの欠点を補うためなのです。

(一度、フロロカーボンラインをコンクリートにこすって見たことがありますが、かなり強いです)

また、PEラインはポリエチレン製の糸がいくつも束ねられている糸なので透明ではなく、エギの直前に透明のフロロカーボンのラインを使うとアオリイカの警戒心を低くすることができる効果もあります。

そして、肝心のエギですが2号3号4号などの大きさのものがあって、春の産卵時期の大きなアオリイカを狙う時には大きいいエギ、秋の子イカを狙う時には比較して小さいエギを使います。

この使用するエギに関しても、ケースバイケースで大きなエギの方が周囲のアオリイカに存在を大きくアピールできて活動的なイカの場合は大きいエギにもアタックしてくるので一投目は大きなエギでイカを集めて、次にサイズを落としたエギを投げると効率的な場合もあります。

潮の状況によっても使うエギは左右され、濁っている場合は派手な色の方が・・というより派手じゃないとエギに気付いて貰えないし、潮が澄んでいる日中などでは、あまり派手なものよりもグリーン系などの地味な色の方がいい場合もあります。

と総論的にはこのような理屈になり、ではこの釣り場ではこのロッドでPEは何号がいいのかリーダーのフロロは何号がいのかエギは?などとディープな理論が展開されてきます。

これからエギングを始める方の場合であれば、8フィート前後のエギングロッド、2000番から3000番位のPEを巻くリール、1号100mのPEライン、2号のフロロカーボン製リーダー、エギは700円〜1,000円位のものを4〜5本揃えればいいと思います。
(エギはこれくらいの値段のものであれば、おおよそハズレはありません)

覚える技術としてはPEラインとリーダーを結ぶ結束方法ですが、この方法にはいくつもやり方があります。
私はオルブライトノットという方法でやっています。
電車結びというのも簡単なので釣り場で根がかりして糸が切れた時にはこれで再開したりします。

一応仕掛けというかエギングに必要な道具に関しては以上です。

仕掛けができたら今度はアオリイカを釣るためのエギのアクション、操作方法を覚えていくということになります。