エギング・アオリイカ釣りレポート > エギングロッド(竿)の選び方(最初の一本)

エギングロッド(竿)の選び方(最初の一本)

エギングロッド(竿)の選び方(最初の一本)

エギングをやってみようと思って、釣り具屋へロッドやリール、エギ等を揃えに行くとそれぞれの道具に様々な種類、値段のものがあって迷ってしまうと思います。

今回は、エギングロッド、竿の選び方について考えてみたいと思います。

エギングは、エギという疑似餌、ルアーをアオリイカにエサだと思わせて釣るフィッシングゲームです。
エギングでアオリイカを釣る大きなポイントは、エギをアオリイカに発見させて、近寄らせてエギが海底に逃げ込むような動き(この動きをエギングではフォールといいます)を演出して抱きつかせるという部分です。

お腹のすいたアオリイカのお食事タイムに、普通のグレードのエギを投げ込めば、それほど複雑なテクニック、アクションを使わなくても釣れるので、竿やリールなどは、それこそ何でもよくて、磯竿だろうが投げ竿だろうが釣れるのですが、あまり活動的ではない警戒心を持っているアオリイカであった場合(陸から狙うアオリはほとんど警戒心をもっています)エギが生きが良くて美味しく且つ、捕まえやすいエサであるという演出をする必要があるわけです。

そのような演出(=アクション)をする際に重要になってくるのが、エギを操作するロッド(竿)とライン、続いてリール(ライン・リールについてはまた別の項で・・・)ということになります。

結論を先に申し上げると、アオリイカにエギを捕まえたいエサであるという様々なアクションを駆使して釣るには、8フィート前後のエギングロッド(1フィートは約30僂覆里2.4m前後)に1号前後のPEライン、2号前後のリーダーというラインシステムが一番やりやすいということなのです。

そして、8フィート前後のエギングロッドに似たものにはシーバスロッド、やブラックバスのロッドがあり、はたしてそれではだめなのかという疑問もありますが、流用できるものとしては硬いシーバスロッドで、ブラックバスなど川釣り用のルアー竿では海の浅いところを2号など小さいエギで釣る場合であれば可能ですが、3号以上の大きさのエギを30〜40m投げて10mほどの海中にあるエギにアクションを加えるということになると柔らかすぎて不可能ということになります(「ズル引き」という海底にエギを這わせて引っ張ってくるエギングテクニックだけをやるなら何の竿でもOKですが)

私がエギングを始めたころはエギング専用ロッドをあまり見かけず、ものの本にもシーバスロッドでやるという記述が多かったので8フィートくらいの5,000円のシーバスロッドで始めました。

今ではエギング人気がすごいので、当然ながら釣り具メーカーは他社と差別化した様々なロッドをはじめとした道具が乱立することになっています。

自分の友人にエギングロッドの選び方を教えるとすれば、とりあえず自分の財布に合ったエギングロッドをどれでもいいから買って始めよう、と言うでしょう。

一人の友人には5,000円〜6,000円のでやり始めればいいよというと、あまり安いものでは不安なのでしっかりしたものを買うと言って15,000円くらいのものを買っていました(まあ、ゴルフなどの趣味に比べれば安いものですが)

なんの趣味でもそうですが、最初の一つ目の道具は、ある意味どれでもいいと思います。
やり始めて道具を買い替えたりして優れた点に気付いてレベルアップしていくということだと思います。

とりあえず道具を揃えて、エギがどんな動きを海底ですれば釣れるのかということを勉強して海で実践していくと、こんなシュチュエーションでは、もっと長いロッドの方がいいのでは?もっと堅いロッドの方がいいのかも?などという疑問が出てきてレベルアップできてきます。