エギング・アオリイカ釣りレポート > エギングでの攻め方

エギングでの攻め方

エギングでの攻め方

エギングは、エギをロッドでしゃくってアオリイカに存在をアピールして、リアクションバイトを誘う釣りです。
シャクリ方にも二段シャクリやダートなど様々な手法があり、それに強弱をつけて組み合わせれば無限の誘い方があります。
最初にエギをキャストして海底に沈めるフォールにもラインにテンションをかけないフリーフォールと、テンションをかけながら沈めるカーブフォールがあり、海底にエギが着底したポイントをなるべく遠くに設定したい場合はフリーフォールにしますし、アオリイカが海底よりも海の中層に多くいそうであれば、海面から海底までの間で存在を大きくアピールさせるためにカーブフォールを仕掛けたりします。
また、エギの特性にも、比較してなめらかなフォールをするものや深場を攻めるため急角度でフォールするものなどがあり、エギの号数、ラインの号数、キャストする距離、季節、時間、潮の状況なども加味して、釣り場の状況に合わせてアオリイカに効果的なアクションを組み立て、それが釣果につながっていくと、ますますエギングにのめり込んでいくことになります。
そして、自分なりの「アオリイカを釣るためのメソッド」が構築できてくると、ある程度キャストすると、そのポイントにアオリイカがいるのかいないのか、回遊待ちで釣果が期待できるのか、できないのかというものが分かってきて、場所を移動したほうがいいのか、粘ったほうがいいのかというものも分かってきます。