エギング・アオリイカ釣りレポート > エギングテクニック

エギングテクニック

エギングで使うテクニック

1、ズル引き
字のごとく、エギを海底まで沈めて、ズルズルと引っ張ってくる釣法です。
私の感想ですが、エギングをやり始めたころは、とっても退屈でやりたくなかったテクニックです。
特に隣りでエギングロッドを勢いよくしゃくっているエギンガーさんがいると、なんかつられて途中で止めてしまっていたりしました。

しかしながら、逆に少しアオリイカが釣れるようになって一通りのテクニックを使えるようになってくると、費用対効果の面で、かなり有効というか必要な局面では不可欠なテクニックであることに気付きます。
アオリイカ釣りでは海底を攻めることが最も重要なわけですから、このテクニックはまさに海底攻めに特化していますので、他のテクニックと織り交ぜて駆使する必要があります。


ただし、海底の状況によってはエギのロスト率、リーダーの損耗度も高くなりますので、根掛かりしそうな海底の場合には、エギの着底後、海底から少し浮かせてトレースするようなイメージで攻める必要があります。

ズル引きしていると、よくタコが釣れることがありますが、そんな時は「タコを騙せたのだからアオリイカもいけるかも」とモチベーションが少しだけ上がります。


2、1段シャクリ
エギングロッドを頭のてっぺんまで勢いよく振り上げてエギを跳ね上げるテクニックです。
エギは海底から勢いよく飛び跳ねて、次に海底に向けて滑り込むように沈んでいきます。

この沈んでいく工程を「フォール」といいますが、このフォールはそのエギの特性によって様々で、深場を攻めるタイプのエギでは比較的急角度で沈下しますが、通常タイプのものは緩やかに沈下します。
アオリイカはこのフォールしている最中にエギを捕まえに気ますので、エギのフォール姿勢というものがとても重要になります。

エギングでは一回エギをキャストして回収するまでに、「エギのアピールからフォールで乗せる」という攻撃を何度かアオリイカに仕掛けます。

その中でも1段シャクリは、エギの移動距離も少なく、アオリイカがよくエギを追いかけるような時期、活性の高いシュチュエーションでは効率的なテクニックの一つです。
これだけで釣れるなら、これだけで釣りたいです。


3、2段シャクリ
1段シャクリを疾風の如く2度連続して行うテクニックです。
従来夜しか釣れにくかったアオリイカを日中でも活性を上げて釣れるようにしたテクニックの一つです。
エギは1度跳ね上げられて、海底に沈む間もなくさらに跳ね上げられて、1段シャクリよりも強力にアピールします。

比較的ゆっくりめの攻め方をしている後にこれをかましたりすると、ガシッとかかったりします。
これができるようになると、しばらくこれをやりたくてしょうがなくなりますが、アオリイカの活性と時期などを考えて使いこなす必要があります。

アオリイカにもいろんな都合があるようで、元気のないイカなどは、あまり移動距離の長いテクニックを使いすぎると追いかけてきてくれない時もあるようです。