エギング・アオリイカ釣りレポート > 釣り場のポイント

釣り場のポイント

アオリイカのいるエギングのポイント

エギングでねらうポイント、アオリイカがいそうな場所について考えてみたいと思います。
アオリイカはフィッシュイーターで、生きた魚を食べます。
ですので、そういったアオリイカのエサがいるところ、また待ち伏せしてとっ捕まえることのできる場所に潜んでいます。簡単な説明
ただし、アオリイカにも天敵がいて、大きな回遊魚などに食べられるという危険性を侵しながら捕食しています。

岩の陰やテトラポットの付近、堤防の基礎部分の段差など、またエギングのポイントに関する解説で、よく「変化のあるところ」という表現がありますが、漁港であれば漁船が往来して周囲より海底部分が深くなっている部分、堤防から延びているロープ周辺などもポイントになります。
港内に浮いているブイのわきにエギをスーっと通すと一発で釣れる場合もあります。

春にアオリイカは産卵のために岸近くへ寄ってくるのですが、アオリイカが卵を産みつけるホンダワラ、カジメ、アマモなどの海草周辺もポイントになります。

エギングを始めたころ、有名ポイントへ行って一生懸命フルキャストして釣っていた場所が、今考えるとなんの障害物もない砂地だったというようなこともありました。
そして結局アオリイカがかかるのが堤防手前3メートルぐらいのコンクリートの基礎部分周辺だったりします。
沖から連れてきたこともあるのでしょうが、ポイントの見極めは一番大切です。

防波堤のコンクリートについているイカの墨も重要なポイントデータです。
長く伸びた堤防にその墨の跡がいくつもあるようなポイントは、その沖にアオリイカが居付いている沈み根、岩礁帯がある場合が多いのでなんの墨跡のない場所で釣るよりも何倍も釣れる可能性は高くなります。