エギング・アオリイカ釣りレポート > 釣れるエギとは

釣れるエギとは

アオリイカが釣れるエギ

釣れるエギとは・・・釣れるように演出できたエギと言えるかもしれません。
釣り具店には100円から1,000円以上のエギまで、様々な種類のものが陳列されていて、エギングをやり始めたころ売場の前でフリーズしてしまっていたことが懐かしく思います。
簡単な説明
いろんなエギを試した上での私見ですが、このエギも世にある他の商品と同じように経済原理が働いていて、100円のもの1,000円のものそれぞれ値段なりの理由があります。

「エギがイカを釣ってくれる」という言い方があるのですが、まさに有名メーカーの1,000円オーバーのエギはイカ回収マシーンのように、まるで意思が宿っているような動きをしてアオリイカを誘って・・・ほんとに手のかからない優等生って感じです。

激安エギを一言でいえば「暴れ馬」、飼いならす前の野生馬といった感じです。
100円〜数百円のものでも、エギの形をしているものであればアオリイカは釣ることができますが、有名メーカーのエギよりも動きに切れがない場合が多く、フォール姿勢も良くない場合が多いようです。
激安エギは、ものによっては特性を把握しておけば使えるものもあるし、ほんと〜にまったく使えないものもあるというのがほんとの話しです。
本当に使えないエギは「ズル引きエギ」または「タコ釣りエギ」に転向してもらっています。

これからエギングを始める方に、「最初の一杯」をゲットするためにエギ選びをアドバイスするとすれば、メジャーメーカーの良いものをお勧めします。
このような有名エギは、投げて黙って沈めるだけでもアオリイカにグレードの高いアピールをしてくれますので、最初の一杯にめぐり会えず悩む期間を短縮できると思います。

ただし、これも釣り場環境で違うという側面もあり、アオリイカがうじゃうじゃいて釣り人が少ないような所や釣り人が極端に多い地域とではニュアンスが違ってきます。