エギング・アオリイカ釣りレポート > リーダーとは

リーダーとは

リーダーとは

リーダーとは、リールに巻いたPEラインとエギとの間に結ぶ糸のことです。
PEラインは引っ張る力には強い糸なのですが、傷には弱いラインで、海底の岩などの障害物に擦れると切れやすい性質がありそれを補うためにエギの直前にフロロカーボンという材質のリーダーを結びます。
簡単な説明
このフロロカーボンラインはPEよりも擦れるような傷には強いのです。
また、PEラインは色のついた糸なので、イカに警戒心を抱かせないために透明なフロロカーボンの糸が役立つという副次的な効果もあります。

このリーダーの長さに関しては、1m〜1.5mくらいでやっている人が一番多いようですが、人によっては30センチ、長い人では3mなど諸説?ありますが、とどのつまりが、釣りをしている環境、釣り場の環境で変える必要があります。

障害物が少なく、リーダーが擦れる心配のない釣り場では、それこそ30センチでもOKですが、鋭い岩だらけのかけあがり(海底の大きな階段のようなところ)を攻撃するような場合は3m以上必要だという人の意見も納得できます。

エギングはおおよそエギを海底に沈めてアクションさせるシュチュエーションが多いので、このリーダー部分の傷には気を配る必要があります。
特に1,000円以上の高級エギを投げるときには、キャスト前にリーダーや結束部分を真剣にチェックします・・・私だけ・・じゃないと思いますが・・

PEラインとリーダーの結び方には様々な方法があり、一番強力と言われる「FGノット」他には「オルブライトノット」「電車結び」「正海ノット」「8の字ぐるぐるノット」などなど「エギングを極めたい!」と活性の上がった人であれば、これらの結び方を全部覚えてやる!と取り組める人もいると思いますが、多くの人の場合はめんどくさいと感じると思います。

私の場合は、ネットでいろんな結び方をざっとみて、これ簡単そうだなと思ったオルブライトノットを覚えて、今でもそれ一本やりです。

いろいろな結び方を調べて感じることは、これらのラインの結び方はルアーフィッシング全般で使われているもので、それこそ船釣りで10キロも20キロもあるような大物と戦う際にも負けないような釣りのために開発されてきた結び方のような気がします。

とはいえ、エギングでも逆にほっそ〜い0.6号などのPEラインを使い、パワーのあるロッドで4号のエギをフルキャストして脱臼しそうなほどシャクリまくるような攻撃の仕方をするようになれば、最強な結束方法を覚える必要があると思いますが、堤防で8フィートくらいのロッドを使い、700g〜800gのアオリイカがかかれば大金星、という感じのエギングのうちは、ほどほど強い結び方でOKだと思います。