エギング・アオリイカ釣りレポート > 竿(ロッド)について

竿(ロッド)について

竿(ロッド)について

これからエギング(アオリイカ釣り)を始めようと考えている方にとって、エギングの竿(ロッド)選びは大いに悩むところです。

釣り具店にも様々な長さ、料金のロッドが並んでいて知恵熱が出そうになると思います。

持っている投げ竿や磯竿、バス釣りなど湖などで使っていた竿が流用できないかと誰でも考えます。簡単な説明
私も始めたころ、投げ竿でエギングをやり始めましたが、やってみて直感的に「なんか違う・・楽しくない・・・」と感じて、そのころは今のように専用のエギングロッドがあまりなかったので、5,000円くらいのシーバスロッドに3000番のリールという組み合わせでスタートしました。

最初の一杯をゲットしたら専用ロッドを購入するぞ!と誓いを立てた思い出があります。

少しだけイカが釣れるようになった立場から、これからエギングというか、アオリイカをエギ(餌木)で釣りたいという方にアドバイスさせて頂きます。

(あくまで今まで見聞きしてきた私見ですので、信じるか信じないかは・・・です)

もともとエギ釣りはエギを漁師さんが警戒心の少ない海の沖を船で引っ張りながらアオリイカを騙して釣っていた漁法を進化させて、陸からでも釣れるよう釣り具に改良を加えた釣法のような気がします(船でエギングもやりますが、それは別として)

ですので、基本的にエギングには8〜9フィート位の専用ロッド(竿)と2000〜3000番位のリール、PEライン、PEラインに繋ぐフロロカーボンライン、そしてエギ(餌木)を揃えてやり始めるフィッシングゲームと捉えたほうが分かりやすいのではないかと思います。

エギも当然ながら生のエサではありませんので、海に投げ込んでそのままにしておけば、ただのゴミ・・とは言えないまでも(アクションの合間、海底に沈めて意図的にしばらくそのままにしておく操作もありますが)、エギングではアオリイカにエギが生きたえさだと思わせるようなアクションを加えなければいけませんので、投げ竿や磯竿では操作がとっても大変ですし、バスロッドなど河川のルアーロッドでは柔らかすぎて、思ったようなアクションをエギに伝えることができません。

結論的にエギング専用竿に辿りつき、実際に一般的なエギングの装備で釣りをしていて感じることは、投げ竿や磯竿より軽い竿とエギの入ったバッグを持って、いろんな堤防などを釣り歩くことができるこのスタイルはとても手軽で、一度揃えれば散歩がてらに高級なアオリイカを狙えるという釣りができてしまうということです。

なにか、取りとめのない話しになってしまいましたが、投げ竿や磯竿でも、アオリイカのシーズンに釣れているというポイントに行ってエギを投げれば、釣れる確率は低くありませんが、世に出回っているエギングのテクニックをやろうと思ってくると苦しいものがあります。

そして、エギングロッドの価格に関して、やり始めたばかりのころは、5,000円のものと2〜3万円のものの違いが分からないと思いますので(なんの趣味でも共通することで当然ですが)自分がそうだったから言うのではありませんが、5,000円の竿で2〜3杯釣れたら高い竿を買うという選択もありだと思います。

でも、カッコから入るというのもありだと思うので、確かに2〜3万円クラスのエギング専用ロッドなら、軽いし、操作は楽だし、どのようなテクニックを覚えるにしてもやりやすいのは確かなので、「アオリイカが釣れるようになるまでエギングをやる!」と決心した方であれば、このクラスの竿を購入する意味、価値は大いにあります。