エギング・アオリイカ釣りレポート > エギングの仕掛け

エギングの仕掛け

エギング 仕掛け

egingu%20sikake.JPG
まずエギングの竿ですが、5,000円くらいものから2〜3万円のものまで、エギング専用のものが販売されています。

リールに関しても竿と同じくらいの値段のものがあります(2000番〜3000番位のものなら使えます)ラインはナイロンのラインで始めてもいいですし、エギングをやっている人がほとんど使っているPE(ピーイー)というラインを使ってもいいと思います。

PEラインを使う場合は、エギを海底でアクションさせる際にエギを結んでいる直前のラインが岩などで擦れて切れないためと、イカにラインが見えづらくするために透明なフロロカーボン製のラインを繋ぎます。

PEラインは短いものだと90メートル、長いものだと150、200メートルなどの単位の商品が揃っています。エギ釣りをやり始めた方の場合だと、エギを30メートル投げて、10mほど海底に沈めるくらいのイメージですので90mのものであれば事足りると思います。

90m程度のものであれば2,000円くらいであります(初心者の方は、糸が2,000円?・・高け〜!と思うかもしれませんが、すごい糸なんです、これが!)エギは100円のエギから1,000円ちょっとのものまであって、いろいろなエギを使っているうちになぜこのエギは100円なのか、このエギは1,000円なのかということが分かってきます。

エギングの仕掛けを作る上で、ちょっと面倒くさいのが、先ほど申し上げたリールに巻くPEラインとエギの間のフロロカーボンライン(リーダーといいます)を結ぶことなのですが、これがささっとできるようになると玄人っぽく見えますので練習してできるようにしましょう。もし、これが最初めんどくさいと思う方は、とりあえず3号位のナイロンラインで始めてもいいと思います(ナイロンラインであればリーダーはとりあえず必要ありません) ・・・がやっぱりPEラインで始めた方がいいと思います。

先日、釣り具屋で昔の仕事仲間に会って、エギングを始めるということでエギングロッドやリール、仕掛けの作り方などを教えたのですが、竿もリールもこれくらいのもので十分だよと安いものを勧めたところ「安いのじゃ不安だから、ちゃんとしたの買うよ〜」と言って、全部で3万円くらいのものを買っていました(おれのタックルがちゃんとししてないものみたいじゃんか〜)

大人になると貨幣価値もいろいろですが、今時の釣り具はどれもちゃんとしているので、自分のお財布に合ったものを購入すれば大丈夫です(最近の釣竿は安くても高そうに見えるものが多い)